Modern Age Idol

アイドルオタクがアイドル業界について解説します

2013.5.20 田中れいな卒業コンサート@日本武道館


http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130522/ent13052214150012-n1.htm
モーニング娘。田中れいなの生き様 最後まで涙落とさず | Daily News | Billboard JAPAN

まず着く前にオペラグラスを忘れたことに気づき、新宿のヨドバシで調達(約3000円也)。そしてなぜかその後水道橋で降車するという失態。東京ドームじゃないわ。タクシーで武道館へ移動。ここまでで疲れた。


この日は弟と弟の女友達(れいなファン歴10年!)の子と参戦。10年推してるってすごいよね。最近1年以上推すのが難しくなって来ている俺としては参考にしたいところ。


ツアーには参戦していたので、最初の「君さえ居れば〜」からの最近のシングル曲連続は同じ流れ。違ったのはツアーではカップリングメドレーだったけど、この日は卒業公演。「大きい瞳」「なんちゃって恋愛」「Ambitious! 野心的でいいじゃん」「気まぐれプリンセス」「笑顔Yesヌード」など往年のプラチナ期、怒濤の6期ソングメドレー。



YouTube


この日の六期トークはどの場面でもいちいち面白かった。本当に。今まで一番面白かったかもしれない。
この日目を惹いたのはダントツで小田さくら。髪をアップにしてのパフォーマンス。実力は折り紙付きなのは知ってたし、何回か見てるはずなのに、本当にそのパフォーマンスは言葉にするのが難しいくらい圧巻だった。

恒例の挨拶はいつもより巻きだった。でも田中れいなからメンバーへの応答も1ポイントくらいしか話さなかったから分かりやすかった。小田ちゃんがハグされてなかったのは、めちゃくちゃ気になってたかられいなが気づいててホントよかった笑

まあちゃんは「たなさたん、謝らないことがあって」と相変わらず意味不明なんだけど、仕草とか声とかいちいち全部可愛い。最近俺の中で鞘師ちゃんは停滞期で、パフォーマンスに以前より張りがないし、ちょっとスランプなのかなと思ったりもするけど、田中れいなに泣きながら高らか「カッコいいグループにする宣言」をしてるところをみて、ああやっぱこの子はセンターだ(リーダではない)と思いました。少なくとも今後2、3年のモーニング娘。を引っ張って行くのはあんただよ、鞘師ちゃん。そして今のモーニング娘。は本当に3度目(世間的には2度目の)絶頂期を迎えていると思います。化け物グループだ。


田中れいな最後のソロは「キラキラ冬のシャイニーG


そして最後の最後に忘れていたよシャボン玉!

おつかれいな!!




たなさたぁーん泣佐藤優樹|モーニング娘。‘17 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba

大好き♡小田さくら|モーニング娘。‘17 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba
この動画最高ですね。