Modern Age Idol

ハロプロ/AKB/原宿駅前パーティーズ/ニコモ/子役。たまにアイドル業界について解説しています

なぜ最近のAKBのシングルは変わり映えしないのか、について

AKB48の曲って、なんで似たような曲が多いのですか? ポニーテールとシュシ... - Yahoo!知恵袋

最近のAKBのシングル曲はどれもこれも同じフォーマットで、興味ない人には違いが分からない。基本的にメロディーしかいじってない。だけどそのおかげで、曲が流れてるのをなんとなく耳にしたとき無意識的にAKBの曲だと分かるようになってる。

 

仮に自分が売れっ子クリエイターだったとして、AKBくらい売れてる子たちのプロデュースを任されたら、どんどんアグレッシブな作曲に挑戦していくと思う。ある程度失敗してもそこそこ売れそうだし。

 

だけどAKBはRIVERくらいまでしかアグレッシブな曲調にチャレンジしてない。そして今のAKBのポジションを決定づけたのはヘビーローテーション。メガヒットした。この曲以降はほぼ同じようなフォーマットのシングルがリリースされている。*1

 

秋元康は人に飽きられることには、たぶんかなり敏感なはずだ。だけど挑戦しないのはなんでだろうと考えたときに、たぶんまたブームがくるのを意識的に回避してるんじゃないかと思った。

 

ブームがくると、必ず飽きられて、ブームは収束する。飽きられないためにはどうするか。ブームを作らなければいい。

 

秋元康の手元にはAKB用に何百曲もストックがあるというのを何かの記事で見た。お金があるところに才能は集まるので、たぶんもっとかっこいい曲もあるはずだが、秋元康は次回シングルにそれらを選ばない。あえて攻めに出ないことで、AKBのポジションを確立してる気がする。

秋元康は作詞家だけど、音楽家というよりはマーケッター思考だ。

 

 

*1:シングルより劇場専用曲の方が圧倒的に多いわけで、その中にはいろんなジャンルの楽曲があります