読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Modern Age Idol|オタク向けアイドルメディア

AKB、ハロプロ、原宿駅前パーティーズ

少女時代がスマイレージに勝てなかった理由(その1)

明後日10年ぶりくらいにモーニング娘のライブを見てきます。正確にはハロプロコンサートなので、先日レコード大賞最優秀新人賞を受賞したスマイレージや、ベリーズ真野ちゃんなど豪華面々です。マジテンションあがる。

全然ニュースになってないから、僕がニュースにしておくけど、モーニング娘。に9期生が入りました。オーディションから三人とハロプロエッグから一人。2ちゃんではAKBよりかわいいと大騒ぎです。

まーでも分かっていることだが、また叩かれるんだろうな。かわいくないとかキモイとか。
スマイレージが受賞した時も、あやちょが(つんくさんレコード大賞とりましたーって言った子)あの女キモイとか言われてて、内心僕は腹が立ったんだけど、まあでも言ってる人の気持ちはわからなくはない。

僕はあやちょをちっともキモイとは思わないけども、あれなんだ。ああいう最近のアイドルの子たちが嫌いな人たちに、まずアイドルとはなんぞや?ってことから説明しないといけない。

最近の日本のアイドルというのは普通であればあるほど、アイドルクオリティーが高い

昔のアイドルは脳みそが馬鹿でも、ただただかわいくて、うんこしなければアイドルだと思われてた。
ところがどっこい2010年代は全然違う。まず頭良くないとダメ。まあ最悪アイドル本人の頭が悪くても、戦略広報室、つまり大人の言うことがちゃんと聞けないとダメ。加護ちゃん、、、
顔はね、必ずしもモデルみたいにきれいじゃなくても、アッキーナみたいにかわいくなくてもいい。なんつったって、最近の日本の男子は綺麗な人が苦手だからさ。「シャイな自分が隣にいても、あんまり緊張しない」女性の方が好きだよね、きっと。最近宮澤紗江ちゃんが人気な理由はそれだと思う。

今のモデルの子は男性より女性人気の方が高い。
つまり

女性→モデル願望がある     男性→モデルみたいな子はちょっと、、、

みたいな感じで、ずれてるんですな。だから恋愛に発展しにくい。

まあでもお互い譲らないでしょうから、ほっときましょう

オタク文化について

僕がかわいいと絶賛するアイドルと、そのアイドルがかわいくないと言い張る男子Aクン。
同じことを話してるのに話がなかなか噛みあいません。なぜでしょう。
女優を語るときは一辺倒に語れますが、これがアイドルとなると話は別なんです。
僕が思うに、これは「アイドル」ちゅー文化の文脈(コンテキスト)の読み込み方が違うからだと思うんです。
もうちょっと分かりやすく説明しますと、Aクンは女優とアイドルを「日本の芸能人」という同じ文脈で読み込んでるから、そりゃ当然女優の方がきれいでかわいいとなります。

しかしいわゆるアイドル好きな人たちは、「アイドル」を「日本のアイドル」というカテゴリーから検索し、「日本で生成されたアイドル文化」という文脈で、話を読み込みます。ちなみに「日本で生成されたアイドル文化」とは、近年で言うと、モーニング娘から派生した公開オーディション番組で、割とローティーンの時から人前で歌ったり踊ったりするアイドルのことを指します。

ここからが本題。スマイレージ受賞のときつぶやいた「少女時代がスマイレージに勝てなかった理由」なのです。

次に続く