Modern Age Idol

ハロプロ/AKB/原宿駅前パーティーズ/ニコモ/子役。たまにアイドル業界のことについて考えます

2019.11.30 ハープスター単独公演〜ハープスターの決意〜@池袋harevutai

ハープスターの決意」と題された単独公演。

最近できたぽい池袋harevutai、めちゃくちゃ綺麗だし見やすくてよかったです。

f:id:ikethin:20191202093902j:image

通常通り40分押しの開演w 押しただけならまだしも、整列なしの入場で現場は混乱。優先券買った人の悲しそうな横顔が忘れられません。

ライブ中に「君だらけ」のMVが全編公開に。もったいぶらず、早くYoutubeにアップしてほしい。

そして肝心の重大発表ですが

 「ハープスターの決意」というタイトルを聞いたとき「ついにグラビアの覚悟ができたか」と思ったんですが、1000人動員目標のライブをするということでした(当たり前体操) 新木場コーストで1000人集めるんだったら、赤坂BLITZでも十分入ると思うんですが、年末の忙しい時期の2daysを押さえられていることを考えれば、おそらく半年以上前には箱を押さえてたはずで、想定では新木場コースト埋めるくらいの客がついてるはずだったけど、想定より客の獲得がうまくいってないのかもしれません。

デビュー8か月のアイドルグループが新木場コーストで単独は、目標としては高いですが、コーストで1000くらい埋められれば、見た目は悪いかもしれませんが、実績としては悪くないでしょう。そういう実績や箔をつけて、大きく仕掛けたいということだと思います。

ハープスター運営のアピールのやり方の特徴として、「横浜アリーナでデビュー!」とか「デビューアルバム発売!」とか、どれも嘘ではないし事実だけど、(TGCのワンコーナー)とか(自主制作で流通に乗ってない)とか()付きの事実が多いんですよね。今度のやつも単独公演と言いつつハープスターフェスとも書かれていて、「どっちやねん」となるのですが、盛ることは悪いことではないと思いつつも、期待を膨らませた新規客が「実態と異なり過ぎでは...」となることも想像できます。

このあたり、運営の目論見と実際ステージに立って現場を体感しているメンバーの乖離が大きそうで、メンバーの精神的なプレッシャーになってる可能性も。

もっと地に足のついた舵取り、というのもできそうですが、地下アイドルとしての勝ち方と、メジャーアイドルとしての勝ち方は異なりますし、一番難しいのは地下からメジャーに行くときの舵取り、既存客を海に落とさず、沈まないギリギリのところまで新規客を船内に放り込めるか、だと思います。

地下アイドルとして規模を目指さず、効率的に運営して、食べていくことも可能ですが、今のメンバーのことを考えれば、圧倒的に売れて芸能で仕事が忙しい!という状態になることが目標だと思うので、今回みたいに政治力を発揮しテレビのレギュラーを獲得してマスにバンバンPRしていくのも戦略としてはアリです。(このレギュラー企画も隔週レギュラーなのか月1レギュラーなのかは現時点で不明)

 

そうなってくると大事なのは新規客の数になんですが、せっかくうまくPRできても、開演時刻が毎回遅れたり、傾斜をつけたチケットを販売しておいて、それを無に期すること行為をやっちゃうと、心配にはなります笑

 

なんだか愚痴みたいになってしまいましたが、ハープスター運営はアイドル運営の中ではかなりまともですし、いろいろ良くしてもらってはいるので、特に「こうしてほしい!」という要望はないです。そもそも運営の不手際を責めてもしょーがないと思っているタイプのオタクなので。

どちらかというと運営の不手際を責めて「他界するかも!」と騒いでいるオタクのほうがやばいです。運営やアイドルが客を選ぶことはできませんが、客は応援するグループを選ぶことができるのだから、自分が応援しやすいアイドルを粛々と応援すればいいだけです。

アイドルの応援に関して変な責任感や使命感がときにミラクルを起こすことは否定しませんが、アイドルとオタクは適度な緊張感をもった関係のほうがおもしろいと思いますし、持ちつ持たれつのウェットな関係よりも、いつでも切れるドライな関係を保ったほうが、長期的にはうまくいくのではないかと思っています。お互いにね。

f:id:ikethin:20191202094738j:image

本田ひまりちゃんに3ヶ月遅れで半年記念パックのプレゼントをもらいました。16歳にボディソープもらうのキマるな…

 

高砂はシモの話しかしないし、尾崎は耳元でエッチな言葉囁いてくるし、相変わらずモラルがないけど、そこが好きです。