Modern Age Idol

アイドルオタクがアイドル業界について解説します

本日のアイドルニュース 2015/3/18 ミクシイ新事業、NHKのど自慢応募年齢変更など

mixiをしばらく放置してたらログインできなくなって困ってるさやしのです。

10分だけアイドルを独占できるライブ会話「きみだけ LIVE」--ミクシィが新事業 - CNET Japan

ミクシィは3月17日、アーティストが1組のファンだけのためにウェブで10分間の独占ライブを配信する「きみだけ LIVE」を公開した。で当選したファンが、アイドルやお笑い芸人などとSkypeを使って1対1のライブ会話を楽しめる。

 どうやらDeNAがやっている「showroom」と同じ、課金方式のコミュニケーションプラットフォームのようです。投げ銭システムってやつですね。このあたりがイット業界のサービス事業者的には旬なのでしょうか。ガラケー時代に培われた広く薄くお金を徴収する日本の古き良き課金体系が、このスマホ時代には対応できなくなり、よりロイヤリティの高いファンからお金を頂く仕組みが重宝される時代になったということでしょう。

「showroom」は、そのアコギな商売方法が一部ファンから批判されたりしているようですが、このミクシイの「きみだけLIVE」も全員がライブに参加できるわけではなく、一口100円で仮想通貨を買って応募する形になるので、叩かれるのは必死でしょうが、いかんせん出てるアイドルがほぼ無名なので、叩かれる前に終了しないか心配です。

おそらくLINEあたりが、この領域に食い込んできそうなので、楽しみっちゃ楽しみです。しかし個人的にはサービス事業者に儲けさせるくらいなら、ライブに行ったり、グッズを買ったりして、アイドル(運営)に直接お金を払った方がファン心理としてはしっくりくるような気がするのですが、より手軽に「応援という名の貢ぎ」を楽しみたいファンは増えているような気がするので、これも時代の流れでしょうか。

あと1対1のライブ会話を楽しめるってエロチャットを想起させるのですが、やはり出会いの数が減っている分、こういう出会い業者は姿形を変え我々の目の前に現れてくるものだなーと感慨深いですね。

参考 必死だなと思われたくない…相席居酒屋に通う女子のホンネとは - Peachy - ライブドアニュース

 

ちなみにYouTubeもアーティストのプラットフォームには関心が高そうです。こちらはどちらかというとアーティストの後方支援という感じですが。

YouTubeが音楽系アーチストのためのリソースサイト“YouTube for Artists”を開設 - TechCrunch

 

-------

ていうか今まで年齢制限があるの知らなかった。なんで制限かけるんですかね。どうせなら小学生まで枠を広げてほしい。NHKはネット視聴にまで課金すると言っていて、おそらく若年層の印象は悪いので、それくらいはやってほしいものです。

NHKのど自慢 応募年齢中学生以上に 要望受け拡大 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

-------

電気グルーヴCMJKさんが、非常に分かりやすくアイドルとアーティストの違いが述べられています

cmjkのインタビュー(678件) - 「某インタビューでアイドルとはあまり仕事をして来なかったと仰ってましたが最近は ...」 - ザ・インタビューズ

なので僕が思うアイドルの定義ってのは、
一見親しみ易いけど実は特別なオーラを持った努力家、ってところです。
人々に笑顔とパワーを与えるその役割は、誰でもなれるもんではありません。

 -------

【ゆるめるモ!】|Guitar Wolf SEIJI OFFICIAL BLOG「フジヤマシャウト」Powered by アメブロ

ギターウルフのセイジさんもいいこと言ってる

人生に解決なんてない、ただ進んでいくエネルギーがあるだけだ。
フランスの作家の言葉だ。
そのエネルギーを持てるかどうかは、
少女だろうと野郎だろうと関係ないのだ。

 

Kendrick Lamarの新譜聴いたんだが、良すぎ!

www.youtube.com

To Pimp a Butterfly

To Pimp a Butterfly