Modern Age Idol

アイドルオタクがアイドル業界について解説します

2013年もそろそろ終わりだから、今年のヲタ活を振り返っておく

とりあえず総括という意味で。

 

同時期にたくさんのグループ推せるほど器用ではないので、必然的に4~5グループに絞られます。今年は以下のグループのみなさん。

(順不同)

今年前半はこけぴよによく行ってましたね。後半突然行かなくなりましたけどw

やはり二木蒼生ちゃんという存在との出会いは、なんか色々と衝撃的でした。

【ミュージカル好きにもおすすめ!】アイドルユニット「こけぴよ」ってどんなグループ? - NAVER まとめ

↑これすみません、ちゃんと更新します、、

 

 

f:id:ikethin:20131129234606j:plain

初めて見たのどこか忘れたけど、印象的だったのは秋葉原の神タワーで見たライブかな。Dear my tiara歌いながら涙するあおちゃん。歌の世界に入り込んでしまう純粋な心の持ち主のあおちゃんに、完全にもらい泣きです。

 

そして今年一番ライブに行ったpalet。特に木元みずきさんには大変お世話になりました。

f:id:ikethin:20131223220018j:plain

出典【TIF2013】メジャーデビューが決まり急成長中の「palet」(岡田 康宏) - 個人 - Yahoo!ニュース

 確か初めてライブに行ったのが今年の1月。それから色んなイベントを通して、先月ついにメジャーデビュー。ヲタとして一番楽しい時期を味わせてもらいました。paletのおかげでこの1年充実したヲタ活が送れたと思っています。ありがとうございます。

 

今年私の1年を一言で表すなら「ハロプロ不全」です。体がハロプロに反応しなくなりましたね。。。なぜかは分からないけど、ひとつ言えるなら、AKBGの良さに気づいたことが挙げられます。

 

まずはNMB。もともと げいにん! という番組のファンだったし、結構曲も好きだったんですが、今年の10月くらいにスカパーで大阪城ホールの公演を生中継していて、

それを見て一気にファンになりましたね。そのときは友人の結婚式で実家に帰っていたんですが、リビングのTVで夢中に見てたのをよく覚えています。

 このときは城ちゃんの復帰が伝えられて、驚きのあまりその場にいた両親に、これがどれくらいすごいことなのかを力説した記憶がありますw  この中継のあとは、公演終わったメンバーが、代わる代わるスタジオでケンコバトークしてたんですよね。

 

そして乃木坂。今年後半は完全に乃木坂派でしたね。

まず乃木坂って、どこ?が大好きなんですよ。めちゃくちゃ面白い。そしてそれを支えるのが乃木坂の顔面偏差値。こんなに推しメンが何人もいるグループは初めてです。推してて楽しい。

10月の代々木体育館で初めて乃木坂のライブに行きました。これまためっちゃ楽しかった。参照 乃木坂46 真夏の全国ツアー2013 FINAL! - Modern Age Idol

 

 

ここでハロプロとのライブの差を痛感してしまうわけです。ハロプロはライブをやってる本人たちがすごい。特に最近はそのすごいパフォーマンスを見に行ってる感がありました。

だけど乃木坂は運営側がお客さんを楽しませようと、演出や舞台に凝っている。客としてもてなされた感がありました。ハロプロ運営にそれはあまり感じられません。

まあ乃木坂の先日の武道館公演は雑だったんですがw、それでもあの子たちの顔面偏差値の高さで、なんとか楽しめました。

顔面強いよ!!

 

 

というわけで今年1年を振り返ると

  • ハロプロにあまり興味がなくなってきたが、Juice=Juiceは推せるし、スマイレージにも期待している。
  • AKBグループ、というか地上アイドルの機能性に気づいた。

去年は結構地下に潜って活動していたんですが、今年は地上アイドルの年でした。地上アイドルの良さは、やはりメディア出演です。現場に通わなくても在宅でなんとかヲタやっていける。接触も、たまにの握手会で十分満足できる。

 

ヲタとアイドルの距離感って難しいですね。近すぎても疲れちゃうし、遠すぎてもダメ。ちょうどよい距離感を探して、アイドル現場を彷徨う日々です。

 

次回は今年のアイドルソングBEST10でも発表したいと思います。乞うご期待。