Modern Age Idol

アイドルオタクがアイドル業界について解説します

ニュースがないなら

今日はきゃりーPMPM見に、ラゾーナ川崎に行った。生憎の天気で、寒いし、土砂降りだしで、いまいち盛り上がれなかったけど、PMPMはかわいい。中田サウンドは別に好きじゃないんだけど笑


たまにはアイドルから離れる。
最近11連休という長い休みだったので、ぼーっと考え事をしていた。


平日の昼に家にいて、テレビをつけてると、毎日同じ話題でよく飽きないな、と思った。
世の中には、二股報道、日食、スカイツリーくらいしか重要な話題がないように思えるくらいの報道過熱ぶりだった。ギリシャでは一週間で700億円くらいが普通の銀行預金から卸されてて、今にも国が破綻しそうだというのに。


よく「文句言うくらいだったらテレビ付けなきゃいいじゃん」という人がいるけど、電波とは公共のものだから、文句くらい言う権利があるだろう。


今日もラーメン屋でラーメン食べてたら、テレビでバレーボールやってた。
そもそもバレーボールって公共の電波を使って放送するほど、人気のあるスポーツなのだろうか。あんなのテレビ局の怠慢にすぎない。バレーボールより面白い番組を作れないのだ。


「がんばれ日本」という薄っぺらいチーズみたいな言葉と、台本どおりにプロの芸能人としての仕事をこなす国分太一の笑顔の対比が、なんとも言えない。


僕は少なくともこの日本は平和だと思ってる。それはもうメチャクチャ平和。
渋谷で人が刺されようが、TDLに向かうバスが破滅的な事故になろうが、原発が停止しようが、もうこの上なく平和だと思う。


未だかつて、こんなに人が死なない国があっただろうか。
僕らは超安全な時代の世界一安全な国に住んでいるのだ。なぜかそれが理解できずに、みんな治安が悪くなったとか、原発のせいでこの国が危険にさらされているとか、わけの分からないことをのたまっている。


みんな自分の身に起きる不幸を、誰かのせいにしたいだけなのだろう。
誰かのせいで、毎日楽しくない。誰かのせいで、幸せになれない。


縄文時代の日本は死因の20%以上が他殺だったという。
日本人の5人に1人が刺されたり、殴られたりして死んでいたのだ。そんな時代に生まれなくてよかった。


レイプ事件も、殺人事件も、少年犯罪も、交通事故も、ここ数年は過去最低の数値をたたき出している。大不況に見舞われない限り、今後も減り続けて行くだろう。 マスコミも目玉ニュースがないから、困っているのだ。


血にまみれた事件現場を取材して、恐ろしい音楽を流して、美人キャスターが神妙な顔で原稿をよみあげれば、一丁あがり。仕方がない。ニュースがないのだ。


本当であれば、「今日は特にニュースはありませんでした。また明日」と言って、僕の好きなアイドルのライブ映像でも流してくれれば、十分なはずなのに。





机とかポケットとかカバンの中にもね
いつだって忘れずあるよ 何をえらぼうかな
ちょっとちょっとほんのちょっとで幸せは生まれて
甘い空気がふわふわ ぷんぷんしなくてすむでしょ


CANDY CANDY CANDY CANDY CANDY
SWEETIE SWEETIE GIRLS LOVE
CHEWING CHEWING CHEWING CHEWING CHEWING
CUTIE CUTIE XXX CHEWING LOVE



CANDY CANDY/きゃりーぱみゅぱみゅ