Modern Age Idol

ハロプロ/AKB/原宿駅前パーティーズ/ニコモ/子役。たまにアイドル業界について解説しています

「POP'n アイドル」に行ってきました

みなさまおつかれさまです。

昨日はZepp東京に、タワーレコード主催の<POP'n アイドル>というフェスを見に行きました。

出演順
バニラビーンズ
LinQ
SUPER☆GiRLS
東京女子流
スマイレージ

会場で当日券を売っていたので、チケットは捌けてなかったんでしょうね。
それもそのはず。昨日は平日ですもの!16時半開場だから、学生じゃなくて来てる人たちの大半はカタギの方じゃないですね。

タワーレコード嶺脇社長の挨拶から、このフェスはスタートしました。

嶺脇育夫 - Wikipedia
今時いろんなジャンルを取り扱うCDショップを経営することはリスクが高そうなので、このままタワーには
アイドル偏重主義を貫いていただき、世界に冠たる「傾いたタワー」としてその名を知らしめていただきたいです。
ピサの斜塔だって傾いてるんだし。

ライブレポはこちら華やかなる競演! タワー企画イヴェント〈POP'n アイドル〉の詳細レポート!! - TOWER RECORDS ONLINEをご覧いただければと思います。

バニビの安定のMCでライブは進行しました。
スパガは初見でした。思いのほか、パフォーマンスレベル高かった!歌うまいし、ダンスもアクロバティック。ステージを広く使ってるのがいいなあ、と思いました。
女子流は2回目でしたので、ある程度期待しつつ、全部が全部自分たちのファンじゃない環境でどれくらいやれるんだろうかと、ドキドキしながら見ていました。新井ひとみは歌唱力、表現力ともに1人だけずば抜けてますね。圧倒的に”持って行く力”がある。思いのほか女子流のファンが多くて、しかもみんなTシャツ来て、ファンの人たちは熱いんだろうな、と思いました。女子流のファンの人って、見た目おとなしそうだけど、心に熱い物を秘めてそうだよね笑 それがちゃんと女子流の音楽にも現れてて、なんか一体感があってほんわかした気分になりました。

そしてトリはスマイレージ
前提としてバイアスがかかってるということを承知の上、読んでいただきたいですが。。。

まずは「がんばらなくてもええねんで」
赤のチェック新衣装で登場。ボルテージMAX!(女子流のファンの方たちが優しすぎて、周りが一気に空いたので、踊るスペース確保)
この日のライブは全10曲で「クリームブリュレの友情」と「パン屋さんのアルバイト」以外は全部シングル。
それだけでもスマの本気度が見えた。
相変わらず長い自己紹介、お決まりの発言、先の見えないMC笑
それがスマイレージの良さ。すべての人が好きなアイドルグループなんて存在しないから、スマはあれでいいよ。あれがいいよ。

ぶっちゃけ歌のうまさだったら女子流の方がうまいかもしれない。
パフォーマンスのレベルだったらLinQスパガの方がすごいかもしれない。

だけど、そういうのを超越した、言葉にするのは難しいが、アイドル然としたアイドルグループの姿というか、
存在感だったり、見せつけるパワーだったり、自己陶酔の能力だったり、自分を良く見せたいという気持ちだったり、
相手に勝ちたいという気分だったりが、他のアイドルと圧倒的に違ったね、昨日のスマイレージ

歌で言えば「味」かもしれないし、パフォーマンスで言えば「ライブの推進力」
そこらが圧倒的に魅力的だった理由かな。

いつもそうなのかもしれないけど、昨日はアイドルが複数集まる場だったから、特にそう感じたのかも。
昨日はいわば交流試合。
このアイドル戦国時代を楽しむには、やはりリングの上じゃなきゃね〜。

スマイレージの時、他のアイドルたちも2階から見てた。何考えてたんだろうな。